辞めたいけど怖くて辞職の意を言い出せない薬剤師に送る言葉

薬剤師はとてもストレスが多い仕事です。

今では転職サイトを使えば簡単に、仕事を探すことができるのでたくさんの薬剤師が転職をするようにはなりました。

すぎメディカル(株)が行ったアンケートによると、トータルで75パーセントに当たる実に4分の3以上もの薬剤師が日常的に大小のストレスを抱えているという統計があります。

もしも現状に不満を持ちながらも怖くて辞職の意を伝えきれていない人は、一度自分の立場を客観的に見てみましょう。

客観的に自分の立場を見るためには様々な方法があります。

  • 他人の意見を聞く
  • ネガティブな感情を抱く自分を肯定する
  • 一人になる
  • 自分の会話を録音する

上記の例は客観的に自分の立場や環境を見つめるために役に立つやり方です。

そうすることで根本的な問題が見えてきて自分が本当にするべきことが見えてきます。

きっとその多くは環境を心機一転させて転職をするようになるでしょう。

この記事は大きなストレスを抱えながらも辞職に踏み切れないでいる薬剤師に必ず読んでもらいたい内容を詰め込んであるコンテンツとなっています。

薬剤師を辞めたくなるとき

薬剤師を辞めたくなる動機はたくさんあります。

以下に紹介している例は薬剤師が仕事を辞めたくなる動機です。

  • 仕事でミスをする
  • 人間関係で悩む
  • 環境が合わない

これらはどこの職場でもたくさんの人が経験することですね。

ですが多くの薬剤師は調剤室という閉鎖的空間で仕事をするので特に人間関係で悩みやすい傾向があります。

このことから薬剤師は全体的にコミュニケーションが苦手だという見解が生まれています。

特にこういったコミュニケーションの不活化は閉鎖的空間で長期にわたり同じポジションに就いている薬剤師の側に多く見られます。

辞める前に確認する事

もしも薬剤師を辞めたくなったら最低限以下の3つを確認しましょう。

  • 今の仕事自体が嫌なのか、そうではないのか
  • 人間関係自体に完全に行き詰まってしまっているのかどうか
  • 職場の環境のシステム自体が嫌なのかどうか

これら3つの問いは尊厳を持って仕事をするためにとても重要なことです。

尊厳がないと仕事を円滑に行うことが困難になり、多くの時間とエネルギーを消耗します。

上記3つの問いに一つも当てはまらない人はまだまだ現職に希望を持って取り組むべきです。

ですが逆に一つでも当てはまる人は永久に自己実現ができない環境に身を置いている可能性が高いのですぐに転職を考えた方が良いでしょう。

一時的に辞めるか永久に辞めるか

薬剤師を辞めるとなると真っ先に考えなければならないことが、一時的に辞めるのか永久に辞めるのか、どちらを選択するのか?ということです。

一時的に辞めるにせよ長期的なブランクができてしまうと薬剤師として再び転職する時には不利になります。

1〜2年以内のブランクであれば、まっとうな理由があればまだキャリアを積む余地は残されていますが、出来るだけ空白の期間は作らないようにしましょう。

様々な理由で退職してからのブランクが生まれますが、理由が何であれキャリアアップや社会的な高評価に繋がるようなブランクであれば転職する際に有利になります。

コミュニケーションの差を見せる

スムーズに退職するためには、周囲を引き止めさせない行動力と有無を言わせないコミュニケーション力が大切になります。

管理職などに就いている薬剤師は比較的コミュニケーションが苦手な傾向があるので最初に自分のペースで流れを作ってしまうと後が楽です。

また自分自身がコミュニケーションが苦手な場合でも、本当に心から辞めたいと思っていれば自然と相手に伝えようとする姿勢が出来上がります。

自分のタイミングで辞職する

辞職の意を告げるタイミングは、必ず自分のタイミングで行いましょう。

人の意見やその場の空気も大切ですが、それらを考慮した上で自分が最もベストなタイミングで言うのが大切です。

タイミングがずれると言葉に詰まったり、相手に先読みされる事があります。

タイミングが命とはこのことですね。

実際に現職を辞めるのは他の誰でもないあなた自身です。あなたの発する言葉は誰よりも影響力があり重みのあるものです。

エゴを貫き通す

退職するにあたっては周囲の反対などを押し切り、自分の決定事項を貫き通しましょう。

ここで意志が弱いと目標を達成することはできません。

目標の決定にあたっては事前に親しい第三者の意見を聞いた上で決めるようにするとより意志が固まります。

自分が辞める理由は会社にとってはエゴかもしれませんが、そもそも金銭面で見ても会社のシステムそのものが雇用主のエゴで成り立っているのでそこまで気にする必要はありません。

辞職した後は?

薬剤師を辞めた後はどうするかは大きく二通りに分かれます。

それは冒頭でも少し触れたように、薬剤師を一時的に辞める場合と、永久に辞める場合でどのように行動するかが変わってきます。

薬剤師を一時的に辞める場合であれば、どれぐらいの期間辞めるのか、仕事をしない間は何をするのか、もしくはすぐに転職を考えているのか。

また永久に辞める場合ではその後の人生はどうするのか考えましょう。全く新しい挑戦を始めるのか、もしそれができないのであればただ薬に詳しい人で終わるという厳しい現実が待っています。

どちらにしても何もしないのが一番良くありません。

行き詰まってしまわないためには、ストレスを溜めないようにセルフオーガナイズをしっかり行いましょう。

転職先での人との接し方

大半の薬剤師が現職を辞めてもまた薬剤師として転職を始めます。

その理由は、薬剤師という国家資格を無駄にしないため、培ったスキルと知識を活かしたいなどもっともな理由がたくさんあります。

キャリアアップとなる転職もたくさんあり、人生をより良い方向へ導いていきます。

転職先の環境においては始めの掴みを含む初期の段階のコミュニケーションが最も肝心なのでしっかりと押さえておきましょう。

注意したいポイントとしては「失敗しても消極的にならないこと」です。

コミュニケーションにおいては仮に始めの掴みの印象があまり良くなくても、次の印象が良ければ落差が相まってさらに素敵な印象となって伝わる「ゲインロス効果」があります。

一度や二度の失敗を気にする必要はなく、「以下に相手の心を掴むか」ということだけに集中して下さい。

こちらが相手を喜ばせようとする気持ち、サービズ精神がコミュニケーションを円滑なものにして自分自身の居場所を作っていきます。

基本的には辞職前に転職先を探すこと

もしも始めから転職やキャリアアップなどを考えている場合は、事前に転職先を探すようにしましょう。

その方が、自然とより多くの求人を目にする機会も増えますし、辞職の際のモチベーションアップにも繋がります。

人生の時間の再配分

辞職にあたって、スキルを磨くにしても転職にしても大切なことは、仕事に追われていた自分自身を一度リセットして自分の方向性を見つめ直すという軌道修正そのものです

過去のあなたが欲しがっていたものではなく、今のあなたが欲しいものが本当に必要な物だということを強く自覚してください。

ストレスが溜まっていた人は、かすかでも確実に前進するということを意識して行動すると自分らしさを取り戻せます。

今までストレスの溜まる事に使っていた時間が他の事と置き換わると、それだけで自分は環境を変える事ができるという自信が湧いてきます。

ヒトは環境が変わるだけで思考と行動が前向きになり時間を有意義に使う事ができるようになります。

本当の意味で自分のことだけを考えれば、自然と勇気が湧いてくることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です