続けても何の意味もない職場で薬剤師を続けることの意味を深く考えよう

薬剤師としてというより前に、人として意義を見出すことができない仕事をするのはひどく辛いものです。

どうしてそうなったのかは(様々なケースがあり)分かりませんが、仕事を続けること自体が給与面を差し引いても自分にとって確実なマイナスなのであれば今すぐにその仕事はやめるべきです。

長期的に好ましくないストレスの影響下におかれると人は様々な障害や疾患を引き起こし前向きな日常生活、社会活動を行うことが困難になっていきます。

特に調剤室のような閉鎖的空間では信頼関係がないとお互いに敵意を感じ取ってしまいやすいので気を付けたいところです。

人間関係は一度崩れてしまうと修復は難しいので早めに予防するということも大切になってきます。

続けても何の意味もない職場

何の意味もない環境に勤めていると毎日が同じことの繰り返しに感じ、憂鬱な日々を過ごしていることが多くなります。

ひどい時には仕事に行くこと自体が嫌になりノイローゼのようなことになる場合があります。

仕事に行くことは、それ自体が実りある行為で生産性がゼロになると本質的な意味を失います。

つまり今の仕事を自分が続けていても何の意味がないと感じるのであればそれは様々な搾取を受けていることになります。

まずは本当に何の意味もないか確かめる

実は仕事に甘えているだけという可能性もあります。

まずは本当に今の仕事に何の意味もないかを確かめてみましょう。

確かめる際には以下のポイントを参考にするとわかりやすいです。

  • 多少不満があっても給与面で納得できている
  • 一時的な悩みで今後を考えると問題がない(なさそう)
  • すでに生活の中に楽しみを見出している
  • 最終的に今の自分に納得してしまう

上記に1つでも当てはまればまだ仕事を継続させる意味が何かしらありそうです。

本当に何の意味もない職場とはここでは自分が仕事をしていてマイナスにしかならない、例えお給料を頂いていたとしても自分にとって損害の方が大きいそんな環境を指します。

何の意味もない職場で薬剤師を続けることの意味は?

自分にとって損害となる何の意味もない職場で薬剤師として働き続ける意味はどのようなものなのでしょうか?

問いそのものが矛盾していますがあえてリアルに答えてみると

  • まだまだ搾取されている現実に気付いていない
  • 一定水準の生活を望んでいない
  • すでに何かを諦めている

などでしょうか。

まるで働き続ける「意味」ではなく働き続ける「理由」のようになりましたが、現実に気付いていない人は一刻も早く目を覚ますことが大切ですね。

また何かを諦めて状況が良くなることは絶対にないので本当の自分が望むことに忠実に従いましょう。

あなたが従うべき主人は、上司や同僚などの他人ではなくあなた自身です。

勇気を失うとすべてを失う

人間関係に於いて角を立ててしまうようなことは良いことではありません。

しかしだからといって自尊心を失ってしまってはいけません。

コミュニケーションにおいては相手を受け入れることも大切ですが、反発するところはしっかりと反発することが大切です。

たくさんの人と接する機会が増えれば自然と身につくものですが、日常の環境が特定の決まった時間や人物とのコミュニケーションの繰り返しになっている場合では、このような「反発」を行うことに大きな勇気を必要とすることがあります。

普段から人と接することに慣れていないので人のペースに合わせようとして本当の自分を出せない、反発することに恐れを感じているケースが殆どです。

本来コミュニケーションは自分のしたいようにすれば良いのです。

ストレスが溜まればコミュニケーションそのものを行うことが困難にもなりますので、とにかく自分のしたいことを最優先に行いましょう。

その後で、そこにある課題に全力で取り組めば良いだけのことです。

大切なものは自分で守る

人にはそれぞれ大切なものをたくさん持っています。

それは人として尊厳を保つことであったり、プライバシー的なことを侵害されたくなかったりといったことです。

特に薬剤師の仕事の人間関係では色々な人間がいますが中には無神経に大切なものを侵害しようとする人も少なからず存在します。

そういった時はしっかりと「私はあなたのその行為のせいで不快な思いをしている」と声に出して伝えましょう。

無神経な人間にははっきり言わないと気付きません。

それでも気持ちがこもっていないと相手がこっちの状況を理解しにくいので、しっかり相手に訴えたい気持ちを込めて伝えましょう。

大切なものは自分で守るしかありません。

理解した上で行動しないのは怠慢

まずは今の職場に何の意味もないかを確かめて、その上でしっかりと今何をするべきかを明確にすることが大切です。

もしも自分が今すぐにやるべきことが分かったのであれば迅速に行動することも大切ですね。

すべて明確になった上で行動に起こせないというのであれば、おそらくそれは畏れや戸惑い、迷いのせいかもしれません。

しかし理解があれば、一度理解したのであれば理由が何にせよ行動を起こさないのはただの怠慢で、そうでなければ心身を病んでいる可能性があります。

一度行動に起こせば自分の中にあったモヤモヤや不快感が幾分かはすっきりするはずです。

結局自分の本当にしたいようにした人が豊かになる

人間関係を円滑に行うには相手を気遣うことが大切です。

しかしそれと同時に、自分の気持ちも最大限尊重してあげ自分のしたいことを実現させていかなければいけません。

自己実現を連続させることが本当の自由を手に入れることでもあります。

自分の気持ちに素直になり自分自身を満足させてあげると自信が湧いてきて生活が楽しくなるのも特徴です。

時間を自由に使うことができる

おそらく薬剤師になろうとしたのも、今の仕事に就いたのもきっとすべて自分自身で決めたことではないでしょうか?

あなたが人生において与えられた時間を、あなたがあなた自身の主権を行使して全てをお決めになったのではないでしょうか?

ヒトはシステムの中で長時間生活をすると環境そのものを現実として認識してしまう傾向があります。

間違いのない真実はあなたは自分で考え判断する自立した存在だということ。

色々な環境を転々とするのも良いですし、キャリアを上げるのも良いし、年収を上げるのも良いでしょう。

とにかく目的を持ってたくさん行動することが大切です。

ものすごく個人的なことでも構いません。

例えば「結婚相手を探すために合コンの誘いがありそうな企業に転職する」なんかでも全然オッケーです。

何もしないのが一番良くありません。

人生の時間は基本的にインフレです。経過すればするほどそのスピードはますます加速していきます。

この地上で過ごせる時間には限りがあります。

本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、

二つか三つくらいしかないのです。

スティーブ・ジョブズ

時間本来の使い方は自分がどう使いたいかで決まる

大切なチャンスは絶対に逃してはいけません。自分の本心に従えば自分がどのように動くべきか分かるはずです。

もしも今現在薬剤師として仕事をしていて何も意味を見いだせていないのであればそれは新しい環境へと変わるための兆候かもしれません。

あなたの自由な時間は仕事の時間や通勤の時間、食事の時間を差し引いた自由な時間ではありません。

あなたの人生の時間全てがあなただけの自由な時間です。食事も仕事も全て本体あなたが自由に取り決めることができます。

自分がどうなりたいか、どうしたいかがもっとも大切なキーポイントなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です