もしかしていじめ?薬剤師が仕事に行き詰まったら知っておくべきこと

薬剤師はストレスが多い仕事で、その多くが人間関係で悩んでいます。

その理由は、調剤・病院をはじめとした多くの薬剤師の仕事が閉鎖的空間で長時間過ごすことが多いからです。

薬剤師が仕事に行き詰まったら今の職場を続けて自分にとってプラスになるかマイナスになるかを知ることが大切ですね。

事務員・薬剤師など職業に関係なくより暦が長い人ほど影響力を持つようになり「お局御都合主義」等が横行しています。

薬剤師としての尊厳などが無視されることなども多々あり、多くの薬剤師がいじめについても悩んでいます。

いじめの8割近くが薬局・病院内で発生

いじめの8割近くが薬局・病院内で発生する原因に、実に薬剤師の8割近くが薬局・病院内での勤務に従事しているという理由もあります。

そのため薬局や病院勤務に従事する薬剤師でいじめに悩む人はかなりの数がいると見られます。

もちろんいじめが起こりやすい閉鎖空間に勤務するのは、病院や薬局だけではなく企業に勤務する薬剤師でもいじめに遭う可能性はあります。

どのようなシチュエーションにせよ薬剤師はいじめを受けた時どのように原因を探りどのように対処するのが望ましいのでしょうか?

薬剤師のいじめの主な原因

薬剤師に関するいじめの主な原因は主に以下の3つです。

  • コミュニケーション不足
  • 職業意識の差
  • キャリアによる差別

自分は一体どれに当てはまりそれぞれどのような原因になっているのでしょうか?

コミュニケーション不足

人は他人に対して大なり小なりコミュニケーションを求める性質があります。

それが自分の求めるものでない場合に不快感を感じ、その期間が長く続くほど相手にその不快の原因を求めようとします。

コミュニケーションは社会を潤滑に動かすための技術です。

出来れば身につけておきたいスキルですね。

まだ一度や二度の早い段階の失敗であれば、まだまだ修正は効きます。

むしろ心理学には「ゲインロス効果」というものがあり、心配の後の成功は人に与える良い影響を倍増させるということが分かっています。

コミュニケーション不足に悩む人は、「失敗しても何も終わらない」ということを意識して相手と接してみると良い結果を生むでしょう。

職業の意識の差

職業による意識の差でいじめを受ける可能性もたくさんあります。

もっとも代表的なもので言えば、事務員による薬剤師へのいじめが挙げられます。

事務員は立場上、通常の事務に加えて薬剤師が行う仕事も行うことも多々あります。

加えて薬剤師は転職がしやすいのに比べて薬局事務員の再就職は厳しい世の中なのでそこで僻みが生まれやすくなります。

事務員以外にも医師によるもの、看護師によるものなど様々です。

また立場を利用したパワハラとの境界線も曖昧になっていて被害に遭っている薬剤師はたくさんいます。

キャリアによる差別

調剤室をはじめとした閉鎖的空間における社会では、学歴や職歴、仕事の有能さによってカーストのような緩い身分制度が出来上がります。

差別者は概ね強い地位にいて被差別者は弱い地位にいることが多く、その線引きはシチュエーションによって異なりますが、基本的に力の強い者や発言力がある人間がルールを作ります。

そもそもこのような差別が存在する環境そのものが異常なのですが、あらゆる職業の人とともに仕事をする薬剤師にとってこのような職場は一定の割合で存在します。

薬剤師いじめの数々

世の中には薬剤師という職業を妬ましく思っている人種もたくさんいます。

多くの場合そのような人たちは、わたしたち薬剤師と違い社会的に大きく認められていないことが多いので承認欲求が強い傾向にあります。

他にもあなたの学歴や魅力的な人柄や優れた容姿を羨ましく思う人たちがたくさんいます。

いじめをはじめとした他人に対する攻撃はコミュニケーションの一種です。

つまりいじめる側はあなたと何らかの接触を求めたい、だけど円滑に相互利益を生むやり方ができない。

単純に彼らは全ての人と仲良くするのが大変下手くそなのです。

そんな人間はどこの世界にも、どこの職場でも、どこのポジションに就く人でもいます。

転職先でのいじめ

転職先での人間関係からいじめに発展することはよくあります。

転職先での雰囲気や社風に合わないだけで冷たい態度やいじめと感じる態度をとられたりします。

特に転職などの初対面から始めるコミュニケーションにおいては始めが最も肝心でしっかり良い印象を与える必要がありますね。

事務員からのいじめ

事務員からのいじめというのが薬剤師が受けるもので最も数が多いものとなります。

先ほども触れた通り事務員と薬剤師では仕事面で同じ業務をこなしますが待遇が違ったり世間的な見方も違い職業における意識の差が強く感じる人がたくさんいます。

特に長く調剤に勤務している事務員だと薬局に必要な人材でもあるため強気の姿勢であることも多く意外とすぐに転職をした方がマシという薬剤師にとっては最悪な環境もあります。

同じ薬剤師・管理薬剤師からのいじめ

同僚や同じ資格を持つ仲間であるはずの薬剤師、管理薬剤師からいじめまで受けてしまうことがあります。

その理由の多くは仕事上のミスが原因が大半を占めています。

同じ薬剤師として同僚や部下のミスが続くと許せなくなり相手を疎ましく感じるようになりますが、相手が新人だと寛容な心で受け入れなければいけません。

いじめは最低な行為なので受けようとしても相手にしてはいけません。

確実な解決法

薬剤師が職場でいじめを受けたと感じた時の確実な解決方法は、環境を変えることです。

環境が変わればいじめの一番の原因が一気にリセットされるので最も迅速で根本的な解決法だと言えます。

一番手っ取り早いのは転職サイトを利用することです。

また転職先で再び失敗しないためにより良い環境へ変えることを意識することも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です