続けても何の意味もない職場で薬剤師を続けることの意味を深く考えよう

薬剤師としてというより前に、人として意義を見出すことができない仕事をするのはひどく辛いものです。

どうしてそうなったのかは(様々なケースがあり)分かりませんが、仕事を続けること自体が給与面を差し引いても自分にとって確実なマイナスなのであれば今すぐにその仕事はやめるべきです。

長期的に好ましくないストレスの影響下におかれると人は様々な障害や疾患を引き起こし前向きな日常生活、社会活動を行うことが困難になっていきます。

特に調剤室のような閉鎖的空間では信頼関係がないとお互いに敵意を感じ取ってしまいやすいので気を付けたいところです。

人間関係は一度崩れてしまうと修復は難しいので早めに予防するということも大切になってきます。

続けても何の意味もない職場

何の意味もない環境に勤めていると毎日が同じことの繰り返しに感じ、憂鬱な日々を過ごしていることが多くなります。

ひどい時には仕事に行くこと自体が嫌になりノイローゼのようなことになる場合があります。

仕事に行くことは、それ自体が実りある行為で生産性がゼロになると本質的な意味を失います。

つまり今の仕事を自分が続けていても何の意味がないと感じるのであればそれは様々な搾取を受けていることになります。

まずは本当に何の意味もないか確かめる

実は仕事に甘えているだけという可能性もあります。

まずは本当に今の仕事に何の意味もないかを確かめてみましょう。

確かめる際には以下のポイントを参考にするとわかりやすいです。

  • 多少不満があっても給与面で納得できている
  • 一時的な悩みで今後を考えると問題がない(なさそう)
  • すでに生活の中に楽しみを見出している
  • 最終的に今の自分に納得してしまう

上記に1つでも当てはまればまだ仕事を継続させる意味が何かしらありそうです。

本当に何の意味もない職場とはここでは自分が仕事をしていてマイナスにしかならない、例えお給料を頂いていたとしても自分にとって損害の方が大きいそんな環境を指します。

何の意味もない職場で薬剤師を続けることの意味は?

自分にとって損害となる何の意味もない職場で薬剤師として働き続ける意味はどのようなものなのでしょうか?

問いそのものが矛盾していますがあえてリアルに答えてみると

  • まだまだ搾取されている現実に気付いていない
  • 一定水準の生活を望んでいない
  • すでに何かを諦めている

などでしょうか。

まるで働き続ける「意味」ではなく働き続ける「理由」のようになりましたが、現実に気付いていない人は一刻も早く目を覚ますことが大切ですね。

また何かを諦めて状況が良くなることは絶対にないので本当の自分が望むことに忠実に従いましょう。

あなたが従うべき主人は、上司や同僚などの他人ではなくあなた自身です。

勇気を失うとすべてを失う

人間関係に於いて角を立ててしまうようなことは良いことではありません。

しかしだからといって自尊心を失ってしまってはいけません。

コミュニケーションにおいては相手を受け入れることも大切ですが、反発するところはしっかりと反発することが大切です。

たくさんの人と接する機会が増えれば自然と身につくものですが、日常の環境が特定の決まった時間や人物とのコミュニケーションの繰り返しになっている場合では、このような「反発」を行うことに大きな勇気を必要とすることがあります。

普段から人と接することに慣れていないので人のペースに合わせようとして本当の自分を出せない、反発することに恐れを感じているケースが殆どです。

本来コミュニケーションは自分のしたいようにすれば良いのです。

ストレスが溜まればコミュニケーションそのものを行うことが困難にもなりますので、とにかく自分のしたいことを最優先に行いましょう。

その後で、そこにある課題に全力で取り組めば良いだけのことです。

大切なものは自分で守る

人にはそれぞれ大切なものをたくさん持っています。

それは人として尊厳を保つことであったり、プライバシー的なことを侵害されたくなかったりといったことです。

特に薬剤師の仕事の人間関係では色々な人間がいますが中には無神経に大切なものを侵害しようとする人も少なからず存在します。

そういった時はしっかりと「私はあなたのその行為のせいで不快な思いをしている」と声に出して伝えましょう。

無神経な人間にははっきり言わないと気付きません。

それでも気持ちがこもっていないと相手がこっちの状況を理解しにくいので、しっかり相手に訴えたい気持ちを込めて伝えましょう。

大切なものは自分で守るしかありません。

理解した上で行動しないのは怠慢

まずは今の職場に何の意味もないかを確かめて、その上でしっかりと今何をするべきかを明確にすることが大切です。

もしも自分が今すぐにやるべきことが分かったのであれば迅速に行動することも大切ですね。

すべて明確になった上で行動に起こせないというのであれば、おそらくそれは畏れや戸惑い、迷いのせいかもしれません。

しかし理解があれば、一度理解したのであれば理由が何にせよ行動を起こさないのはただの怠慢で、そうでなければ心身を病んでいる可能性があります。

一度行動に起こせば自分の中にあったモヤモヤや不快感が幾分かはすっきりするはずです。

結局自分の本当にしたいようにした人が豊かになる

人間関係を円滑に行うには相手を気遣うことが大切です。

しかしそれと同時に、自分の気持ちも最大限尊重してあげ自分のしたいことを実現させていかなければいけません。

自己実現を連続させることが本当の自由を手に入れることでもあります。

自分の気持ちに素直になり自分自身を満足させてあげると自信が湧いてきて生活が楽しくなるのも特徴です。

時間を自由に使うことができる

おそらく薬剤師になろうとしたのも、今の仕事に就いたのもきっとすべて自分自身で決めたことではないでしょうか?

あなたが人生において与えられた時間を、あなたがあなた自身の主権を行使して全てをお決めになったのではないでしょうか?

ヒトはシステムの中で長時間生活をすると環境そのものを現実として認識してしまう傾向があります。

間違いのない真実はあなたは自分で考え判断する自立した存在だということ。

色々な環境を転々とするのも良いですし、キャリアを上げるのも良いし、年収を上げるのも良いでしょう。

とにかく目的を持ってたくさん行動することが大切です。

ものすごく個人的なことでも構いません。

例えば「結婚相手を探すために合コンの誘いがありそうな企業に転職する」なんかでも全然オッケーです。

何もしないのが一番良くありません。

人生の時間は基本インフレです。経過すればするほどそのスピードはますます加速していきます。

この地上で過ごせる時間には限りがあります。

本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、

二つか三つくらいしかないのです。

スティーブ・ジョブズ

時間本来の使い方は自分がどう使いたいかで決まる

大切なチャンスは絶対に逃してはいけません。自分の本心に従えば自分がどのように動くべきか分かるはずです。

もしも今現在薬剤師として仕事をしていて何も意味を見いだせていないのであればそれは新しい環境へと変わるための兆候かもしれません。

あなたの自由な時間は仕事の時間や通勤の時間、食事の時間を差し引いた自由な時間ではありません。

あなたの人生の時間全てがあなただけの自由な時間です。食事も仕事も全て本体あなたが自由に取り決めることができます。

自分がどうなりたいか、どうしたいかがもっとも大切なキーポイントなのです。

もしかしていじめ?薬剤師が仕事に行き詰まったら知っておくべきこと

薬剤師はストレスが多い仕事で、その多くが人間関係で悩んでいます。

その理由は、調剤・病院をはじめとした多くの薬剤師の仕事が閉鎖的空間で長時間過ごすことが多いからです。

薬剤師が仕事に行き詰まったら今の職場を続けて自分にとってプラスになるかマイナスになるかを知ることが大切ですね。

事務員・薬剤師など職業に関係なくより暦が長い人ほど影響力を持つようになり「お局御都合主義」等が横行しています。

薬剤師としての尊厳などが無視されることなども多々あり、多くの薬剤師がいじめについても悩んでいます。

いじめの8割近くが薬局・病院内で発生

いじめの8割近くが薬局・病院内で発生する原因に、実に薬剤師の8割近くが薬局・病院内での勤務に従事しているという理由もあります。

そのため薬局や病院勤務に従事する薬剤師でいじめに悩む人はかなりの数がいると見られます。

もちろんいじめが起こりやすい閉鎖空間に勤務するのは、病院や薬局だけではなく企業に勤務する薬剤師でもいじめに遭う可能性はあります。

どのようなシチュエーションにせよ薬剤師はいじめを受けた時どのように原因を探りどのように対処するのが望ましいのでしょうか?

薬剤師のいじめの主な原因

薬剤師に関するいじめの主な原因は主に以下の3つです。

  • コミュニケーション不足
  • 職業意識の差
  • キャリアによる差別

自分は一体どれに当てはまりそれぞれどのような原因になっているのでしょうか?

コミュニケーション不足

人は他人に対して大なり小なりコミュニケーションを求める性質があります。

それが自分の求めるものでない場合に不快感を感じ、その期間が長く続くほど相手にその不快の原因を求めようとします。

コミュニケーションは社会を潤滑に動かすための技術です。

出来れば身につけておきたいスキルですね。

まだ一度や二度の早い段階の失敗であれば、まだまだ修正は効きます。

むしろ心理学には「ゲインロス効果」というものがあり、心配の後の成功は人に与える良い影響を倍増させるということが分かっています。

コミュニケーション不足に悩む人は、「失敗しても何も終わらない」ということを意識して相手と接してみると良い結果を生むでしょう。

職業の意識の差

職業による意識の差でいじめを受ける可能性もたくさんあります。

もっとも代表的なもので言えば、事務員による薬剤師へのいじめが挙げられます。

事務員は立場上、通常の事務に加えて薬剤師が行う仕事も行うことも多々あります。

加えて薬剤師は転職がしやすいのに比べて薬局事務員の再就職は厳しい世の中なのでそこで僻みが生まれやすくなります。

事務員以外にも医師によるもの、看護師によるものなど様々です。

また立場を利用したパワハラとの境界線も曖昧になっていて被害に遭っている薬剤師はたくさんいます。

キャリアによる差別

調剤室をはじめとした閉鎖的空間における社会では、学歴や職歴、仕事の有能さによってカーストのような緩い身分制度が出来上がります。

差別者は概ね強い地位にいて被差別者は弱い地位にいることが多く、その線引きはシチュエーションによって異なりますが、基本的に力の強い者や発言力がある人間がルールを作ります。

そもそもこのような差別が存在する環境そのものが異常なのですが、あらゆる職業の人とともに仕事をする薬剤師にとってこのような職場は一定の割合で存在します。

薬剤師いじめの数々

世の中には薬剤師という職業を妬ましく思っている人種もたくさんいます。

多くの場合そのような人たちは、わたしたち薬剤師と違い社会的に大きく認められていないことが多いので承認欲求が強い傾向にあります。

他にもあなたの学歴や魅力的な人柄や優れた容姿を羨ましく思う人たちがたくさんいます。

いじめをはじめとした他人に対する攻撃はコミュニケーションの一種です。

つまりいじめる側はあなたと何らかの接触を求めたい、だけど円滑に相互利益を生むやり方ができない。

単純に彼らは全ての人と仲良くするのが大変下手くそなのです。

そんな人間はどこの世界にも、どこの職場でも、どこのポジションに就く人でもいます。

転職先でのいじめ

転職先での人間関係からいじめに発展することはよくあります。

転職先での雰囲気や社風に合わないだけで冷たい態度やいじめと感じる態度をとられたりします。

特に転職などの初対面から始めるコミュニケーションにおいては始めが最も肝心でしっかり良い印象を与える必要がありますね。

事務員からのいじめ

事務員からのいじめというのが薬剤師が受けるもので最も数が多いものとなります。

先ほども触れた通り事務員と薬剤師では仕事面で同じ業務をこなしますが待遇が違ったり世間的な見方も違い職業における意識の差が強く感じる人がたくさんいます。

特に長く調剤に勤務している事務員だと薬局に必要な人材でもあるため強気の姿勢であることも多く意外とすぐに転職をした方がマシという薬剤師にとっては最悪な環境もあります。

同じ薬剤師・管理薬剤師からのいじめ

同僚や同じ資格を持つ仲間であるはずの薬剤師、管理薬剤師からいじめまで受けてしまうことがあります。

その理由の多くは仕事上のミスが原因が大半を占めています。

同じ薬剤師として同僚や部下のミスが続くと許せなくなり相手を疎ましく感じるようになりますが、相手が新人だと寛容な心で受け入れなければいけません。

いじめは最低な行為なので受けようとしても相手にしてはいけません。

確実な解決法

薬剤師が職場でいじめを受けたと感じた時の確実な解決方法は、環境を変えることです。

環境が変わればいじめの一番の原因が一気にリセットされるので最も迅速で根本的な解決法だと言えます。

一番手っ取り早いのは転職サイトを利用することです。

また転職先で再び失敗しないためにより良い環境へ変えることを意識することも大切ですね。

辞めたいけど怖くて辞職の意を言い出せない薬剤師に送る言葉

薬剤師はとてもストレスが多い仕事です。

今では転職サイトを使えば簡単に、仕事を探すことができるのでたくさんの薬剤師が転職をするようにはなりました。

すぎメディカル(株)が行ったアンケートによると、トータルで75パーセントに当たる実に4分の3以上もの薬剤師が日常的に大小のストレスを抱えているという統計があります。

もしも現状に不満を持ちながらも怖くて辞職の意を伝えきれていない人は、一度自分の立場を客観的に見てみましょう。

客観的に自分の立場を見るためには様々な方法があります。

  • 他人の意見を聞く
  • ネガティブな感情を抱く自分を肯定する
  • 一人になる
  • 自分の会話を録音する

上記の例は客観的に自分の立場や環境を見つめるために役に立つやり方です。

そうすることで根本的な問題が見えてきて自分が本当にするべきことが見えてきます。

きっとその多くは環境を心機一転させて転職をするようになるでしょう。

この記事は大きなストレスを抱えながらも辞職に踏み切れないでいる薬剤師に必ず読んでもらいたい内容を詰め込んであるコンテンツとなっています。

薬剤師を辞めたくなるとき

薬剤師を辞めたくなる動機はたくさんあります。

以下に紹介している例は薬剤師が仕事を辞めたくなる動機です。

  • 仕事でミスをする
  • 人間関係で悩む
  • 環境が合わない

これらはどこの職場でもたくさんの人が経験することですね。

ですが多くの薬剤師は調剤室という閉鎖的空間で仕事をするので特に人間関係で悩みやすい傾向があります。

このことから薬剤師は全体的にコミュニケーションが苦手だという見解が生まれています。

特にこういったコミュニケーションの不活化は閉鎖的空間で長期にわたり同じポジションに就いている薬剤師の側に多く見られます。

辞める前に確認する事

もしも薬剤師を辞めたくなったら最低限以下の3つを確認しましょう。

  • 今の仕事自体が嫌なのか、そうではないのか
  • 人間関係自体に完全に行き詰まってしまっているのかどうか
  • 職場の環境のシステム自体が嫌なのかどうか

これら3つの問いは尊厳を持って仕事をするためにとても重要なことです。

尊厳がないと仕事を円滑に行うことが困難になり、多くの時間とエネルギーを消耗します。

上記3つの問いに一つも当てはまらない人はまだまだ現職に希望を持って取り組むべきです。

ですが逆に一つでも当てはまる人は永久に自己実現ができない環境に身を置いている可能性が高いのですぐに転職を考えた方が良いでしょう。

一時的に辞めるか永久に辞めるか

薬剤師を辞めるとなると真っ先に考えなければならないことが、一時的に辞めるのか永久に辞めるのか、どちらを選択するのか?ということです。

一時的に辞めるにせよ長期的なブランクができてしまうと薬剤師として再び転職する時には不利になります。

1〜2年以内のブランクであれば、まっとうな理由があればまだキャリアを積む余地は残されていますが、出来るだけ空白の期間は作らないようにしましょう。

様々な理由で退職してからのブランクが生まれますが、理由が何であれキャリアアップや社会的な高評価に繋がるようなブランクであれば転職する際に有利になります。

コミュニケーションの差を見せる

スムーズに退職するためには、周囲を引き止めさせない行動力と有無を言わせないコミュニケーション力が大切になります。

管理職などに就いている薬剤師は比較的コミュニケーションが苦手な傾向があるので最初に自分のペースで流れを作ってしまうと後が楽です。

また自分自身がコミュニケーションが苦手な場合でも、本当に心から辞めたいと思っていれば自然と相手に伝えようとする姿勢が出来上がります。

自分のタイミングで辞職する

辞職の意を告げるタイミングは、必ず自分のタイミングで行いましょう。

人の意見やその場の空気も大切ですが、それらを考慮した上で自分が最もベストなタイミングで言うのが大切です。

タイミングがずれると言葉に詰まったり、相手に先読みされる事があります。

タイミングが命とはこのことですね。

実際に現職を辞めるのは他の誰でもないあなた自身です。あなたの発する言葉は誰よりも影響力があり重みのあるものです。

エゴを貫き通す

退職するにあたっては周囲の反対などを押し切り、自分の決定事項を貫き通しましょう。

ここで意志が弱いと目標を達成することはできません。

目標の決定にあたっては事前に親しい第三者の意見を聞いた上で決めるようにするとより意志が固まります。

自分が辞める理由は会社にとってはエゴかもしれませんが、そもそも金銭面で見ても会社のシステムそのものが雇用主のエゴで成り立っているのでそこまで気にする必要はありません。

辞職した後は?

薬剤師を辞めた後はどうするかは大きく二通りに分かれます。

それは冒頭でも少し触れたように、薬剤師を一時的に辞める場合と、永久に辞める場合でどのように行動するかが変わってきます。

薬剤師を一時的に辞める場合であれば、どれぐらいの期間辞めるのか、仕事をしない間は何をするのか、もしくはすぐに転職を考えているのか。

また永久に辞める場合ではその後の人生はどうするのか考えましょう。全く新しい挑戦を始めるのか、もしそれができないのであればただ薬に詳しい人で終わるという厳しい現実が待っています。

どちらにしても何もしないのが一番良くありません。

行き詰まってしまわないためには、ストレスを溜めないようにセルフオーガナイズをしっかり行いましょう。

転職先での人との接し方

大半の薬剤師が現職を辞めてもまた薬剤師として転職を始めます。

その理由は、薬剤師という国家資格を無駄にしないため、培ったスキルと知識を活かしたいなどもっともな理由がたくさんあります。

キャリアアップとなる転職もたくさんあり、人生をより良い方向へ導いていきます。

転職先の環境においては始めの掴みを含む初期の段階のコミュニケーションが最も肝心なのでしっかりと押さえておきましょう。

注意したいポイントとしては「失敗しても消極的にならないこと」です。

コミュニケーションにおいては仮に始めの掴みの印象があまり良くなくても、次の印象が良ければ落差が相まってさらに素敵な印象となって伝わる「ゲインロス効果」があります。

一度や二度の失敗を気にする必要はなく、「以下に相手の心を掴むか」ということだけに集中して下さい。

こちらが相手を喜ばせようとする気持ち、サービズ精神がコミュニケーションを円滑なものにして自分自身の居場所を作っていきます。

基本的には辞職前に転職先を探すこと

もしも始めから転職やキャリアアップなどを考えている場合は、事前に転職先を探すようにしましょう。

その方が、自然とより多くの求人を目にする機会も増えますし、辞職の際のモチベーションアップにも繋がります。

人生の時間の再配分

辞職にあたって、スキルを磨くにしても転職にしても大切なことは、仕事に追われていた自分自身を一度リセットして自分の方向性を見つめ直すという軌道修正そのものです

過去のあなたが欲しがっていたものではなく、今のあなたが欲しいものが本当に必要な物だということを強く自覚してください。

ストレスが溜まっていた人は、かすかでも確実に前進するということを意識して行動すると自分らしさを取り戻せます。

今までストレスの溜まる事に使っていた時間が他の事と置き換わると、それだけで自分は環境を変える事ができるという自信が湧いてきます。

ヒトは環境が変わるだけで思考と行動が前向きになり時間を有意義に使う事ができるようになります。

本当の意味で自分のことだけを考えれば、自然と勇気が湧いてくることでしょう。

薬剤師が人間関係で悩んだらまず最初に目を通してもらいたい事柄

薬剤師はストレスが多い仕事だと言われています。

また薬剤師は休みが取りづらく、溜まったストレスを発散させる機会が少ないのです。

なので本来であれば欧米のように薬剤師も期間を決めて仕事にチャレンジしてキャリアを積んでから、更にステップアップした転職をするといったサイクルの方が心身ともに健康的に生活を送れるのです。

現在では調剤薬局を始めとした病院関係に多くの薬剤師が集中していて、製薬会社に勤めている薬剤師の数はごく少数です。

人間関係の悩みは些細なコミュニケーションのズレです。

あなたに非は一切ありません。

調剤薬局は今、市場では完全に飽和状態で多くの薬局が閉店しています。

全体的に薬剤師は新卒で調剤薬局・病院に就職するのですがその多くはストレスの多い職場なのはご存知でしょうか?

その理由として給与の低さが挙げられます。

人の命を預かるのにも係らず調剤薬局や病院の給与は(企業に比べて年収が200万〜500万円ほど)低く、フラストレーションが多いせいで職場の空気も慢性的な圧迫感とストレスに包まれています。

この記事では薬剤師が人間関係に悩む原因、居心地の悪さを感じた時の対処法や人間関係の修復の仕方、いじめについての分析や回避の方法を、人間行動学、心理学の観点からアドバイスをしています。

薬剤師が人間関係で悩む3つの大きな原因

薬剤師が人間関係で悩む原因の大半の原因は・・

  • ミスが許されず責任が重い
  • 閉鎖的空間
  • 人事異動がない

主にこの3つのマイナスポイントから引き起こされます。

ヒトは永続的にストレスが続く閉鎖的空間におかれると、他者を陥れることで自分の地位を築こうとする性質を持っています。

もちろん全員がそのような訳ではありませんが、そう言ったエゴを持つ人は一定の割合で存在しています。

ミスが許されず責任が重い

薬剤師は基本的にミスが許されません。

患者は薬剤師のことを信用して薬を処方してもらい、事実上人の命を預かる立場にあります。

民事責任を負う可能性も十分にありますし、実際にそうなったケースもたくさんあります。

そのため生活の一部である職場は慢性的にピリピリとしていることは少なくありません。

そのような調剤薬局で良好な人間関係など皆無で仕事をしている人は全員がストレスを抱えています。

知っておくべきことは、そう言った環境下では仕事そのものに悪影響を及ぼしやすいということです。

同じような職場でも場所が違えば人も違うことがよくあり、圧迫感のない環境でより一層仕事に集中することもできます。

閉鎖的空間

薬剤師の仕事はほとんどが閉鎖的な空間で行われます。

閉鎖的な空間で潤滑な人間関係を築くためには、そうでない場合に比べて積極的なコミュニケーションが必要になります。

コミュニケーションで最も必要なことは他者の気持ちになること。

そのためには自分がまず満たされていることがとても重要になります。

つまり今の職場で仕事をしている自分を心から受け入れているかどうかです。

もし職場に不満を抱いているのであれば、その原因を探ること、自分自身を変えることで解決するなら変えてみること。

やってみてダメなら環境そのものを変えること。

それが前向きにコトを進めるコツです。

人事異動がない

成長していて各地に事業所があるドラッグストアや企業などは別ですが、病院関係になるとほとんど人事異動がなくなってきます。

人の入れ代わりがほとんど無く些細な人間関係のもつれから大きなトラブルに発展しやすい傾向にあります。

そのため調和を乱さないために自分の言いたいコトをしまい込んで我慢してしまったり、特定の個人の悪口を陰で言ったりと陰湿なこともあります。

また人が流動しにくいシステム性を持つ職場では、どうしても緊張感に包まれた空気が生まれやすくなります。

人事異動がほとんどない職場だと、あらゆる要素が重なり合って気付くと大きなストレスとなることがあるので気をつけた方が良いでしょう。

そこが居心地が悪いと感じたら・・

もし今いる職場の環境が悪いと感じるのであれば、今の状況を知るために何かアクションを起こしましょう。

そのまま何もせずに問題を放っておいては絶対にいけません。

些細な問題であれ、人間関係で生じた摩擦は時間が解決することは絶対にありません。

何かおかしい、違和感を感じる、そのような小さなサインを見逃さない意識を持つことが大切です。

人間関係のトラブルは早めの段階であるほど修復がしやすいのです。

そこに居続ける意味を問いかける

もしも自分が在籍している職場環境が望ましくない場合は、無理に今の環境を美化させる行為はやめましょう。

例えば、

  • 不快な人間関係に対して、どこも実際はこんなものだと自分に言い聞かせる
  • 苦手な相手に対していつか自分の間違いに気付くだろうと一方的に期待する

このように現状を美化させることは、将来的に大きなトラブルを招く要因となりえます。

大げさではなく人としての尊厳、つまり自分自身の存在に関わることです。

長期的な目で見て今の環境は自分にとって損か得かを自分に問いかけて見て下さい。

答えが出た時には気持ちが整理されてすっきりします。

もしも現在の環境が自分にとって有害なのであれば思い切って転職することが何よりも大切なのです。

財を失うことは小さく失うことである。
名誉を失うことは大きく失うことである。
勇気を失うことはすべてを失うことである。

ゲーテ

特に問題があると思われるケース

問題がある閉鎖空間内での人間関係は修復がかなり難しくなります。

  • 人間性を疑うような言葉が日常的に使われる(例・人格を否定するなど)
  • 人間関係で信頼が大きく欠けている・もしくは赤の他人と同じように皆無
  • 無視をする

上記のような行いは人としてのモラルを大きく欠いた恥ずべき行為で耐える必要は一切ありません。

また長期にわたってそういった環境に居ると完全に麻痺してしまいそれが普通だと信じてしまうので要注意です。

早めに行動するほど本当の自分を取り戻すことができます。

居心地の良さは半分以上環境に左右される

職場環境が悪いのはあなたのせいではありません。

居心地の良さ・悪さの多くは環境で決定されます。

職場の空気として、人の入れ替わりが多いところでは比較的明るく心地よいものになりやすいですが、反対に入れ替わりが少なく人が滞留しやすいところでは人間関係に歪みが生じると薄暗く陰湿なものになりやすくなります。

それはあなた個人の責任ではなく、ただ環境がそうなりやすい、たまたまそうだったというだけのことが多いです。

大手転職サイトDODAが行った統計によると、約半数の人間が複数回の転職を経験した後に満足いく職場に行き着くということが分かります。

むしろ初めから理想の環境に出会えたのであればラッキーで、もし現在の職場に不満がある場合転職をする方が根本的な問題を解決するのには一番の近道の場合もあります。

まだ修復が効く人間関係

修復が効きそうな場合は頑張って修復を試みてみましょう。

ただし見極めはとても大切で、修復不可能な人間関係に対してだとただの時間の無駄に終わるので見切りをつけることも大切です。

まだ修復が間に合う人間関係には以下の点全てに当てはまる必要があります。

  • まだ知り合って日が浅い
  • 相手の良い点も知っている
  • 相手にも歩み寄ろうとする意思を感じる

上記のようにまだ修復できそうな人間関係であればしっかりと相手に向き合うことで解決できることが多くなります。

修復不可能な場合

どうやっても修復不可能な場合があります。

特定の個人、グループに完全に嫌われている場合、自分自身が拒否反応を示していまっている場合などはどうやっても修復するのは難しいので転職をした方が楽なこともあります。

仕事は継続するべきわけ

退職をしたにせよ仕事は必ず継続するべきです。

ごく稀に仕事そのものを放棄する人がいますが、仕事は必ず継続させましょう。

当たり前のことですが生きているだけでお金を使うのです。

いじめについて

集団の中においては自身のアイデンティティがある程度確立していない場合いじめが発生することがあります。

特にそれは集団への帰属意識が強い閉鎖的空間で起こりやすく、精神的に未成熟な人間が多く集まる場所、コミュニケーションを行わない環境(無言でいることが多い、ほとんど喋らないなど)などでも非常に多く発生します。

薬剤師のいじめはよくある

薬剤師のいじめは頻繁に起こります。

特に調剤室なんかはいじめが特に発生しやすい場所です。

以下は薬剤師がいじめに合う主なきっかけです。

  • 知らない間に悪い印象を与えてしまっている(挨拶をする・しない、何となく気にいらないなど)
  • 仕事に慣れるのに時間がかかり業務に支障をきたしている
  • 立場の違い(事務員と薬剤師、先輩と後輩など)
  • コミュニケーションが足りていない
  • 仕事に対する意識の違い

このように薬剤師がいじめに合う原因は実にたくさんあります。

その大きな理由は薬剤師の多くが圧倒的にコミュニケーションが苦手だという理由が挙げられます。

コミュニケーションの延長線上のいじめ

コミュニケーション上の小さな摩擦はどんな現場でも起こりえます。

例えばそれは薬剤師の間だけでなく、ビジネスマン同士の契約であれ、対顧客のサービスであっても発生します。

そのコミュニケーションで生じた小さな摩擦は更なるコミュニケーションによりカバーできますが、もしそれができないと、放置してしまうと後々大きな問題となっていじめという形の負のコミュニケーションに変わるのです。

人対人はどこまで行ってもコミュニケーションでしか意思疎通ができません。

出来ることであれば相手に良い気持ちを伝えることができるコミュニケーションを続けていきたいです。

回避の仕方

いじめとは少し話がずれましたが、もしも自分自身がいじめを受けていると感じるようであれば、それはもう環境を変えるしかありません。

一度そのような関係性が出来上がると、元に戻すことはとても困難です。

誰にでも人間関係につまづくことはあります。

環境を変えれば全てリセットできます。

これは逃げではなく、単に「要領よく生きる」というだけのことです。

実際には行動に起こすまでなかなか気付きませんが、職場の人間関係に悩んでいる薬剤師は転職を念頭において置くとスムーズにことが運ぶことが多いようですね。